前へ
次へ

中国語の学習は独り言も役立つ

中国語の発音を学習していく時に、自分の口から中国語を発する必要があります。その時に誰か相手が居れば一緒に中国語の学習をする事ができますが、発音練習を一緒にしてくれるような相手が居ない場合は、独り言をするのもアリです。文法や単語を覚える時も小さめでもいいので独り言をしながらやると、頭の中に記憶として残りやすくなります。日本語を覚える時にも使われる読み書きは正に効率的な勉強方法であり、ただ書いて覚えるよりも発音も一緒に学習できるので、非常に効率が良いです。自宅等の他の人に迷惑が掛からない環境であれば、少し大きめに独り言をした方が、自分の耳にもしっかりと聞こえるので、発音があっているのかどうかを個人的に確認する事ができます。勿論発音はネイティブの人に聞いて貰って、少しずつ修正していく事が大切ですが、いきなりネイティブのようにペラペラ話せるようになるのは難しいですから、各自のペースで学習していけば、問題ありません。

Page Top